コメッセージ No.44

このコメッセージを書いている現在は2000年問題がまだ形になって表れておりませんので、仮に、仮にですけれどもとてつもない異常事態が発生した場合は、この内容が変更になるかもしれません。どうかご了承ください。
まずはとりあえず
2000年  明けまして
おめでとう ございます
本年もタカシマファームのお米「田園交響楽」を宜しくお願いします。さて年始めに恒例となりました、家族揃っての今年の抱負を公開いたします。

まずは当ファームのファーストレディ、妻の友季子。
……昨年、念願かなってマイホームを手に入れたので「今年は何もいらない、じっと我慢するわ」と言ってくれるかなと思っていたが、その家を「自分の『華』舞台にするわよ」……?!……えっ、どんな「華」。
次は長女の奈穂子。
……スポーツ少女(羽球部)で活発な年頃……とにかく上手になって「大会に出たい」……でも本音はうふふふふふ………不可解な領域に入りつつある「華」も恥じらう14歳。
長男の良平。
……相変わらずボーっとしているがゲームはエネルギッシュでもはや敵なし……でも「テストってどうしてあるのかな」と弱音を吐きつつ「絶対100点取る!」と「華」々しく宣言。
次女の美里。
……テニスを始めて3年目、めきめき腕を上げて一言「父さん、強くなるからテニスコート作って!」………ゲッ!「華」々しい活躍があるかも。
父、藤一郎
……息子夫婦とは別になったし、うるさい子ども達もいない。妻と二人だけの気ままな生活をエンジョイしながら「ひょっとして人生もう一度『華』、咲かせられるかも……」
母、スミ子
……足腰の達者なうちは現役よと自家菜園、庭、温室の草花の手入れに余念なく、そこでこの歳で楽しまにぁ損々「今年もまた海外旅行行くからね」って豪「華」にやります。
本人、浩一
……みんなの「華」を受けとめ、じゃ自分はどうするんだ?……みんなの「華」を咲かせてあげること……もあるけれどやっぱり自分の「華」も持ちたい。

「成せばなる、成さねばならぬ何ごとも、成らぬは人の成さぬなりけり」とは上杉鷹山の言葉ですが陰で誰、彼のことを言ったり、時代のせいにするのではなく自分の道は自分で作りたい。
2000年は当ファームにとってとてつもなく大きな変革の年となるはずで、向こう10〜20年の姿を決定づける節目の年になると思いますが、それについては追々皆様にお示ししていくつもりです。では皆様良い年をお迎え下さい。

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

カテゴリー

アーカイブ

recent comment

プロフィール

ブログ内 検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM